本文へスキップ

大津市の眼科クリニック  日帰り白内障・網膜硝子体手術

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.  077-545-8000

〒520-2145
滋賀県大津市大将軍三丁目24番6

診療内容

当院では、結膜炎、ドライアイ、眼精疲労、飛蚊症、メガネ・コンタクトレンズ処方などの一般眼科診療、斜視・弱視などの小児眼科診療のほか、以下のような専門的診療を行っています。


白内障とは

目はカメラと同じような構造をしています。カメラのレンズに相当する部分を水晶体といい、水晶体が濁ってしまう病気が白内障です。カメラのレンズが曇ると写真がぼやけるのと同じように、白内障になると視界がぼやけてしまいます。
白内障は年齢とともに増え、80歳を超えると、ほぼ100%の方が白内障になっていると言われます。


白内障の治療のタイミング

白内障で見えにくくなり、日常生活に不便を感じるようになったら手術を検討します。逆に白内障があっても他に目の異常がなく、生活に不便を感じていなければ、必ずしも手術をする必要はありません。たとえば、視力が1.0でも見えにくさを強く感じる方には手術をおすすめすることがありますし、視力が0.5でも見え方に困っていないという方は、しばらく手術せずに経過観察することもあります。ただし極端に進行してからの白内障手術は、難易度が高くなってしまいますので注意が必要です。


白内障手術について

白内障手術は黒目(角膜)と白目(結膜)の境目を2〜3mm切開して手術します。濁った水晶体を超音波で砕いて吸い出し、代わりに人工の眼内レンズ(非球面、紫外線カット)を挿入します。


技術の進歩により、近年の白内障手術はかなり目にやさしい手術になりました。ほとんどの場合非常に小さな傷口で済むので、糸で縫う必要がなく、術後の痛みも少なくなりました。手術中の麻酔(点眼麻酔がメイン)もとてもよく効きます。「思っていたより楽だった」と言っていただけるような手術を心がけています。
また術後に満足のいく結果を得るためには、手術そのものもさることながら、手術前の準備も非常に大切です。術前には丁寧にカウンセリングを行い、術後の見え方をイメージしながら適切な眼内レンズの度数を決定します。皆様が安心して手術を受けていただけるよう、しっかりとサポートさせていただきます。


真空蒸気滅菌器(エヴリーブB、 MELAG )

真空蒸気滅菌器(エヴリーブB、 MELAG )

当院では徹底した感染対策のために、プレポストバキューム式の手術器具滅菌器を導入しました。世界で最も厳しいとされるヨーロッパ規格で「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」(クラスB)とされている最高品質の滅菌器です。

友だち追加

QR友だち追加

無料送迎あり

瀬田しもぞの眼科瀬田しもぞの眼科

〒520-2145
滋賀県大津市大将軍三丁目24番6
TEL 077-545-8000
FAX 077-545-8007

このページの先頭へ